yutaka027’s diary

自己満足のためのブログ

ウィンナーコーヒーの唄

初恋の相手は 

ウィンナーコーヒー
橙の明かりで
照らされただけの
店内に白い色の君

初恋の相手は
ウィンナーコーヒー
飲み方がわからなくて
必死にぐぐってみても
結局うまい飲み方が
わからないのは
まるで
恋してるときの
葛藤だ
そうこういってるうちに
ホイップが
どんどん小さくなってって
消えていく

もう時間だわ
さようなら

かわいい君がたまに着てくる
白いすその広がった
ワンピース
初めて飲んだ
ぼくの初恋に似ていて
胸がいたいよ
おねがいだから

もうどこにも
行かないで
初恋の相手は
ウィンナーコーヒー