yutaka027’s diary

ゆるりと書くよ

アメリカ

夏に蒼井優みたいな格好と肌をツルツルにして猛烈に差し込んでくる太陽でからからに干からびた空気を吸いながらアメリカの広大な大地をキャンピングカーで横断するのが夢
親以外の誰にも知られず1人でアメリカに行き、しばらくして友達からどこにいるの?なにしてんの?って電話がかかってくる
そしたら
元気だよ。いまアメリカの広大な大地をキャシーとボブと横断しているところだよ。
って言う
それを聞いた友達は、ハァ?とすっとんきょうな声を出すしかない
そして夜になるとむこうのおおざっぱな味付けの料理を食べ、そのあとは直火で串に刺したマシュマロを焼いて談笑する
よくわからない虫の鳴き声を聴きながら草に寝っ転がって星を見る
あぁ、もうこんな最高ってないんだろうな
と思いながらまたマシュマロを口につっこんだりして
もちろん現実に連れ戻されることもなく、時間はゆるゆると過ぎていってしばらくすると唐突に睡魔がおそってくるのでそれにまかせて死んだように眠る
遠くから、いや近くなのかわからないがどこかからなんとなく鳥のさえずりが聴こえ、それと同時にまぶたの裏が明るくなる
夜に冷えた湿気が肌をなぞり寝ているときの渇きをとりもどす
それが心地よく、目覚めが悪いほうだけれどそんなに目を覚ますのが苦痛ではなかった
目を開けてすぐ視界に入るのは朝露のしたたる夏の草でうるうると泣いているのかもしれないと思った
寝起きの脳は誰だってそんなレベルの馬鹿野郎だから
腕にしている時計を見る
AM5:00
今から繁華街にいっておすしを食べにいこう、とボブ
眠いからもうちょっと寝てるわ、と言ってキャシーはカーの後ろの席で再び寝てしまった
東の方に横断する
AM6:00。ミズーリ州についた
おすしを食べた

 

最後の二行適当かいなっ。お腹すいたから強制終了してしまった。勘弁